シアターアーツ45
第三次
シアターアーツ 2010 冬(45)
  特集 世界演劇のただ中へ

ISBN

978-4-89380-412-9

発行

AICT日本センター
発売
晩成書房

定価

1,200円
初版
2010年12月25日
[特集]世界演劇のただ中へ
[対談]
80年代のラディカリズム『新宿八犬伝』全五巻完結
川村毅×西堂行人
[座談会]
ポストドラマ演劇をめぐって
平田栄一朗+岡本章+新野守広
[論考]
アジアの/とブレヒト Brecht in/and Asia─国際ブレヒト協会シンポジウム=谷川道子
八月のダンス─Tanz im August=中島那奈子
新生国家ジョージアの再出発とともに始まった2つの演劇祭=エグリントンみか
新国立劇場は変わったか=山口宏子

[連載]
舞台時評  交流と継続─『どろんどろん』『カエサル』『聖地』『日本人のへそ』=高橋豊
演劇時評  実りの秋─長塚圭史・小野寺修二・蜷川幸雄=嶋田直哉
小劇場時評 時間・時代、そして天皇を通して見る日本=藤原央登
ダンス時評 日本のコンテンポラリー・ダンスはバブルと一億総中流社会の徒花か?=竹重伸一
関西からの発言 演劇の裾野は広げ続けられているか─市民演劇と関西新劇と大阪野外演劇=菊川徳之助
地方からの発言 祭りの後に残ったもの─「あいちトリエンナーレ2010」を振り返って=鳩羽風子
舞台人クローズアップ 九月の松井周『聖地』・『自慢の息子』=江森盛夫
書評 『ヤン・ファーブルの世界』(ルック・ファン・デン・ドリス 他=著)=桂真菜
[追悼]山元清多
さよなら、元さん。ありがとう─山元清多は「台本」作家であった=流山児祥
[劇評・コラム]
感性を研ぎすます「対話」の新たなかたち─IJAPAN紹介=梅山いつき
今後の活躍に期待─大竹野正典とのささやかな思い出=星野明彦

[上演テクスト]
『図書館的人生 Vol.3 食べもの連鎖〜食についての短篇集〜イキウメ
作=前川知大
インタビュー
前川知大 聞き手=藤原央登

[上演テクスト]
『乱歩の恋文』演劇ユニットてがみ座
作=長田育恵 解説=西堂行人
  
[お問い合わせ先]
晩成書房
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町1-4-4
E-mail